地元の千種中学校1年生(19名)が工場見学に来社してくれました。

2018.2.28

今日は、地元の千種中学校1年生(19名)が工場見学に来社してくれました。
千種中学校で実施されている「千種学」という授業の一環です。

千種学とは・・・
千種町は、高校の卒業と同時に多くの若者が町外に出てしまい、
毎年人口が減少している典型的な過疎の町です。
この問題を解決するために、学校の先生方が「千種学」と称して、
地元千種町の歴史や文化、企業について学ぶ時間を作っておられます。
当社も地元企業として、千種学の授業に加えて頂き、毎年工場見学を実施しております。

始めに当社の歴史や仕事の流れを紹介し、実際の作業現場での見学を実施しました。
中学1年生なので、社会人になるのはまだまだ先ですが、
早い段階から地元の企業や文化を知ることで、地元への理解を深め一人でも多くの人が地元に定着して、
千種町を盛り上げていってほしいものです。
それが千種学の狙いでもあるそうです。
当社も微力ですが千種町に貢献していきたいと願っております。